ももさんのアンケート

在宅ライターを始めてどのくらいですか?

一番最初にライティングをしたのは
2016年8月頃です。

ただ、途中、妊娠・出産を経たり、
ライティングは
出来る時にという感じだったので、

トータルの期間としてはまだ1年未満程です。

在宅ライターになって良かったところは?(知識・経験・ライフスタイルなど)

在宅ライターとしてで言えば、
仕事時間の融通が利くことです。

私事ですが、今は育児中のため思うように
時間が取れないことがしばしありますが、

それでもすき間時間ができた時に
作業ができるのが有難いです。

自分の前職の経験を生かしながら
ライティングができることです。

経験したことも
新たに記事にするために調べたりして
どんどん知識が上書きされたり、
新しい知識が増えていくのが楽しいです。

在宅ライターの大変なところは?

質問があっても
時差が生じてしまうところです。

目の前にいるわけではないので、
どうしても聞きたいタイミングから
タイムラグがでてしまいます。

それから目の前にいるわけではないので
コミュニケーションの取り方が
多少難しく感じることがあります。

文面から意図を汲み取るときに
どういうニュアンスなのか、
どのくらいのテンションで

伝えられているのかが伝わりにくく、
多少業務的に感じることもあります。

ライター業務のどんなところにやりがいを感じますか?

withplaceのライティングは
自分の言葉で伝えたいことを
伝えられるところです。

読者に役立つ情報を
WEBを通して発信できることが嬉しいです。

平均作業時間はどのくらいですか?

土日も関わらず稼働ができ、
1日2~4時間程度です。

家族構成・生活環境について教えてください。

主人・息子・私の3人家族です。

私の身分としては主婦業をしながら
ライターとして活動しています。

いま考えている今後の課題があれば教えてください。

販売職をしていたこともあり、
どうしても人に話しながら
説明する感じで
ライティングをしてしまうので

文章が長くなりがちです。

なので、WEB上で読む人が
いかに見やすく・短時間で
大事な情報を得られるか、

まとめる能力と見やすい記事作りが
課題だと思っています。