岩崎 優美さんのアンケート

在宅ライターを始めてどのくらいですか?

1年7ヶ月になります。

在宅ライターになって良かったところは?(知識・経験・ライフスタイルなど)

まずは、2人の子供がいるので
子供を見ながら自宅で
仕事させてもらえる事です。

また、様々な分野の知識や
情報を知ることができるので
有難く、とても楽しく感じています。

いつも家庭の事情などで
ご迷惑をおかけしていますが
とても柔軟にご対応してくださるので
有難いです。

在宅ライターの大変なところは?

全く無知な分野の記事を執筆する際に
人にわかりやすく内容をまとめる事に
大変さを感じます。

下調べにとても時間がかかることもあり
また、専門用語の意味などを
使い間違えないよう
神経を使っています。

納期を気にしながら生活している事で
切羽詰まる事も度々ありますが・・

またそこも、日々の生活のメリハリに
繋がっている気がしています。

ライター業務のどんなところにやりがいを感じますか?

言葉の言い回しや写真や動画のチョイスなど
雑誌やネット、またテレビCMなどを
意識して見るようになりました。

それを生かしながら、
女性ならではの価値観なども踏まえて

”買いたい”や”わかりやすい”
と思ってもらえるような言葉を考えながら
執筆している時に、
とてもやりがいを感じます。

検収でもお褒め頂けた時には
素直に嬉しいと感じています。

平均作業時間はどのくらいですか?

新規記事の時は、1記事完成に3時間程度

修正記事、入稿作業は、
1記事1~2時間程度

家族構成・生活環境について教えてください。

主人・娘2人(5歳:幼稚園年長 1歳)

いま考えている今後の課題があれば教えてください。

効率は今よりもあげれるように
頑張りたいです。

新規記事を執筆するうえで、
得意な分野を広げていきたいなと思うので
勉強もしていきたいと考えています。

もっとライターとしての自覚をもちつつ
これから更に頑張っていきたいなぁ
と感じています。

今後も、
引き続きよろしくお願いいたします。