高井萌のプロフィール

幼児教育学科を卒業し、保育の道とは全く違うエステサロンに就職。約6年間エステティシャンとして大手サロンからフランチャイズサロンまで幅広く経験した。

学生時代から、体型や容姿にコンプレックスを持ったのは、お姉系と言うジャンルが確立されたからだ。歌って踊る事が好きな子ども時代を経て、クラブを夜な夜な歩き回る。B系と呼ばれるR&B路線を1人突き進む中、周りに合わせ美白ブームに乗ろうとするも、無茶なダイエットや日焼けサロンに週2日通う日々は、肌トラブルを後々起こす要因となった。以来、エステとは切っても切り離せない関係になったのだ。

エステティシャンとして職に務める中で、様々なトラブルをお客様と二人三脚で改善する事に喜びを持ち、フェイシャル・痩身・脱毛・頭皮ケア・アンチエイジングなど、身に付けた技術と知識により、お客様の外見への変化と内面への自信へと繋げた。これは、『自分自身にも比例する』と言う事が分かると、エステティシャンとしての仕事の本質が見え、日々楽しくて仕方なかった。

実務経験を得た後、現在は3人の女の子の子育てにも奮闘している。女の子と言うこともあり、得てきた知識は保育だけでなく、美に対しても発揮している最中。

“年齢を重ねて困らないように”自身は基礎化粧品の正しい使い方すら、知らずに大人になってしまった事を後悔したからだ。エステティシャンとして前線を走り終えた今でも、新しい化粧品などの使い方を、未だに聞いてきてくれる身内や周りの知人には、『美容マニア』と呼ばれ、お客様と二人三脚で得た、かけがえの無い時間のお陰である。

また、ブライダルエステの際に痣を隠す『ボディメイク』と出会い、ボディペイント、ボディジュエリーの技術を習得。魅力されたボディジュエリーを応用し、ブライダルのウェルカムボードなどの製作にも打ち込み、デザインの幅も広げた。

“美”は、たった1日の出来事では無く、その過程とこれから先の未来の自分への投資だと考え、多くの人に『今からでも遅くない』と言う想いを込めて、現在はライターとしても活動中である。