chigeのプロフィール

私のペット業界での経歴をご紹介します。

子供の頃から、動物が大好きで、
犬・猫・インコ・ハムスター・フェレットと、
いろいろな動物と暮らしてきました。

動物の飼育書を集めて読むのが趣味という、
少し変わった子供だったと思います。

学生時代はペットショップでのアルバイトをはじめます。

ペットショップ、トリミングサロン兼ドッグホテルのお店でのお仕事を経験しました。

ペットショップはブリーダー直営で、ヨークシャテリアやチワワなど、
小型犬種の繁殖も行っていました。

犬の出産に立ち会う機会もあり、
生まれたての子犬にミルクをあげたり、排泄の補助をしたりなど、貴重な体験ができました。

子犬の成長過程にも知識が深まりましたし、
母犬・兄弟犬とすごす期間の大切さもわかりました。

また、ペットグッズの販売もありましたので、
お客様から「しつけで○○に困っているのだけど、どのリードがおすすめ?」

「健康面で○○に悩んでいるのだけど、どのフードがおすすめ?」など、

相談されることも多くありました。

はじめは緊張からうまく対応できず、店長に代わってもらうこともありましたが、
入荷した商品の特徴を前もって覚えておくようにすることで、
「こちらの商品をこんな風に使って頂くのがおすすめですよ!」と
対応できるようになりました。

後日対応したお客様から「悩んでいた○○が解消された」「愛犬がとても気に入っている」という
お声がもらえると、とても嬉しいものでした。

今でもペットグッズチェックは半分趣味になっていて、
新商品を愛犬に試さずにはいられません。

トリミングサロン兼ドッグホテルでは、サロンにカットに来たお客様の対応から
ドッグホテルでお預かりしている犬たちのお世話を担当していました。

常連のお客様が多く、世間話から犬の悩み相談を聞くこともよくありました。

そんな時はペットショップ時代の経験をいかして、アドバイスさせて頂くこともよくありました。

また、小型犬種から大型犬種までお預かりしていましたので、
それぞれの犬種の特性や扱い方を身を通して学べました。

最初に来店された時には、嫌がって全身で逃げようと抵抗を見せていた犬が、
そのうちしっぽを振って店内に入ってきてくれるようになったりと、
嬉しい変化もたくさん見られました。

これらのお仕事経験を経て、
現在は保護犬(捨て犬・野良犬など)が多く過ごしているシェルターでの
ボランティアをしています。

飼育放棄や、飼い主に捨てられてもまだ人間のことが大好きな犬、
野犬出身でほぼ人間と関わったことがない犬、
障害がある犬、高齢の犬など。

シェルターにはさまざまな事情を抱えた犬がすごしています。

噛みつきがある犬や、お散歩に連れ出しても一歩も歩けない犬、
それぞれですが、根気よく安心できるような言葉をかけながら、
関わっていくことで、心を開いてくれます。

その後里親さんが見つかると、里親さん宅までのお届けに同行することもあります。

しばらく会えなくなるのは寂しいものですが、
後日里親さんにすっかり懐いて立派に家庭犬として過ごしている
写真や姿を見せてもらうのは、とても感慨深いものがあります。

我が家の愛犬も実は元保護犬です。

保護当時は推定5歳、立派な成犬でした。

シェルターでは、他の犬と馴染めず、お散歩では引きが強く、
大型犬のため力も強く、それはもう問題犬でした。

集中的なケアが必要ということで我が家にやってきて、
ドッグトレーナーさんにアドバイスをもらいながら、
しつけをやり直しました。

今では我が家の3歳児の相手も器用にこなす
おっとりした子守り犬です。

ドッグランに連れて行っても、他の犬との上手に付き合えるようになりました。

この体験を通して、成犬であっても、
接し方を変えたり、気長にしつけを行うことで、
どんな犬でも楽しく人間と暮らしていけるようになるのだと
実感しました。

以上の経験を通して、

たくさんの方に犬との暮らしの工夫や、
おすすめのペットグッズをご紹介していきます。

ぜひ犬との暮らしがより楽しいものになりますように願っています。