車の名義変更(個人から法人)のやり方&必要書類・費用【大阪陸運局レポ】

カーライフ未分類

車の名義変更(個人から法人)のやり方

車の名義変更って車種や環境によって必要な書類が変わるので複雑ですよね。

そこで今回は、実際に個人から法人へ名義変更を行ったレポートをご紹介します。詳しい手続き方法や陸運局内での流れをまとめましたよ。

今回の車種はフェラーリのカルフォルニアTです。よくネットで議論になっているフェラーリを法人して、経費化を試みてみます!

名義変更は流れがとても複雑で、しっかり理解していないと二度手間になることも…。この記事の流れに沿えば、スムーズに完了できますよ。

車検証の名義変更の流れ

車検証の名義変更は大きくまとめると3つの流れがあります。

  1. 希望番号(ナンバープレート)の予約
  2. 車庫証明の申請
  3. 陸運局での手続き

それぞれの詳しい手続きについては後ほど詳しくまとめているので、そちらをご参考くださいね。

日数・期間はどれくらいかかる?

全ての流れを計算すると最短で12日程度、余裕を持つのであれば3週間を見ておくと良いでしょう。

希望番号(ナンバープレート)申請は、インターネットから申し込みが可能です。毎週日曜日21時までの申し込み分が、翌月曜日に抽選されます。

通常では入金確定後から5日程度で交付が可能となります。

次に、警察署で車庫証明を提出する必要があります。

車庫を借りている場合は管理会社に証明を出してもらう必要があるので、数日かかります。

警察署に行くのは合計2回!1回目は書類の提出、2回目は書類の受け取りです。書類に不備等がなければ約1週間で車庫証明書の受け取りが行えますよ。

全ての書類が揃えば、陸運局に向かって手続きを完了させます。

陸運局は基本的に平日のみの営業なので、事前にスケジュールを組んでおくとスムーズです。

ナンバープレートは交付可能期間が30日。車庫証明は警察署での証明から40日間有効なので、テキパキ動かないといけませんよ。

できるだけタイトにスケジュールを組むと、余裕を持って手続きができますね!

時間はどれくらいかかる?

希望ナンバーの予約はインターネット上で必要事項を入力するだけなので15分程度です。

警察署は2回とも書類の確認や料金の支払いが必要のため、待ち時間を含め15分~30分ほどかかります。

そして陸運局での手続きは2時間程度です。

スムーズにいけば1時間半で完了しますが、混雑時や書類に不備がある場合は2時間~2時間半程度はかかるでしょう。

車の名義変更の費用まとめ

費用目的支払い場所
希望番号の入金約2,000円
(都道府県によって異なる)
ナンバープレートの予約振込
自動車保管場所証明申請2,200円車庫証明警察署(1回目)
自動車保管場所標章交付500円車庫証明警察署(2回目)
印鑑証明(個人)300円陸運局市役所
印鑑証明(法人)450円陸運局法務局
住民票200円陸運局市役所
登録印紙500円陸運局陸運局
自動車税27,700円(カルフォルニアT)
※車種によって異なる
陸運局陸運局

今回は合計で33,850円かかりました。自動車税は車種によって変わってくるので、30,000円~50,000円程度と見ておくのが良いですよ。

車の名義変更!必要書類まとめ

ここからは各手続きに必要な書類を解説します。

▼希望番号(ナンバープレート)の必要書類

特になし

▼車庫証明の必要書類

取得場所
自動車保管場所証明申請書(4枚綴り)大阪府警察・公式サイト
保管場所の所在地・配置図管理会社が用意
保管場所使用承諾証明書管理会社が用意

▼陸運局の必要書類

必要書類取得場所
【個人】車検証原本
【個人】譲渡証明書ダウンロード(国土交通省)
【個人】印鑑証明(3ヶ月以内)市役所
【個人】住民票の除票(もしくは戸籍附票)
※引越し2回以上の方のみ
市役所
【法人】印鑑証明(3ヶ月以内)法務局
【法人】警察の車庫証明(40日以内)警察署
【法人】議事録ダウンロード(国土交通省)

1.希望番号(ナンバープレート)の必要書類

希望番号の予約はインターネットで行うため、特に事前に用意する書類はありません。

入金後、交付当日に必要な受付番号がメールにて届くので、メールを消さないよう保管しておきましょう。

2.車庫証明の必要書類

車庫を自己所有しているのではなく、借りている場合は以下の3つの書類が必要です。

取得場所
自動車保管場所証明申請書(4枚綴り)ダウンロード(大阪府警察)
保管場所の所在地・配置図管理会社が用意
保管場所使用承諾証明書管理会社が用意

自動車保管場所証明申請書は警察署でもらえる他、各都道府県の警察の公式サイトからダウンロードもできます。

3.名義変更(個人から法人)での必要書類

名義変更に必要な書類は以下の通りです。

必要書類取得場所
【個人】車検証原本
【個人】譲渡証明書ダウンロード(国土交通省)
【個人】印鑑証明(3ヶ月以内)市役所
【個人】住民票の除票(もしくは戸籍附票)
※引越し2回以上の方のみ
市役所
【法人】印鑑証明(3ヶ月以内)法務局
【法人】警察の車庫証明(40日以内)警察署
【法人】議事録ダウンロード(国土交通省)

車の名義変更に必要なもの(持ち物)は?

続いては、車の名義変更に必要なものをご紹介します。

まずは「名義変更(個人から法人)での必要書類」で紹介した、以下の書類を用意しましょう。

  • 【個人】車検証原本
  • 【個人】譲渡証明書
  • 【個人】印鑑証明(3ヶ月以内)
  • 【個人】住民票の除票(もしくは戸籍附票)※引越し2回以上の方のみ
  • 【法人】印鑑証明(3ヶ月以内)
  • 【法人】警察の車庫証明(40日以内)
  • 【法人】議事録

さらに次の持ち物を忘れないようにしましょう。

実印は陸運局内で作成する書類で必須ですよ。また、陸運局での支払いは現金のみのため、多めに現金を持っておくと安心でしょう。

1.希望番号(ナンバープレート)をネット予約

それでは、ここからは実際にやり方を解説していきます。

希望ナンバーの申し込みはまず希望番号申込サービスでネット予約をします。

毎週日曜日21時までに申し込まれた分が翌月曜日に抽選されるので、当選した方は入金をしましょう。

入金後に届くメールには、陸運局で必要な受付番号が記載されているので当日まで保管してくださいね。

2.車庫証明の申請手続き

続いては車庫証明の申請手続きです。

①申請書類の作成

まずは下記の書類を作成します。

取得場所
自動車保管場所証明申請書(4枚綴り)ダウンロード
保管場所の所在地・配置図管理会社が用意
保管場所使用承諾証明書管理会社が用意

管理会社が用意する書類は、事前に管理会社へ連絡し受け取る必要があります。

場合によっては書類が郵送で届くこともあるため、数日程度かかります。

今回は連絡から3日で書類が届きました。管理会社によって手続きのスピードが違うので、早めに準備しておくと安心ですよ。

実際に作成した自動車保管場所証明申請書はこちらです。

②警察署で申請(1回目)

作成した申請書類を持って管轄の警察署へ向かいましょう。

申請手数料がかかるため、現金を忘れずに。都道府県によって金額が異なりますが、約2,000円です。

僕は大阪市西警察で2,200円でした~。

書類に不備等があると書類の書き直し・認印の押し直しが必要なことがあります。念のため認印を持っていくと安心です。

③警察署で車庫証明の受け取り(2回目)

申請書の提出から車庫証明の交付まで、約1週間ほどかかります

書類を提出してすぐに手に入るわけではないので、申請は余裕を持って行いましょう。

ここで自動車保管場所標章が交付されます。交付には500円が必要なので、現金を忘れないようにしてくださいね。

3.市役所・法務局での手続き

陸運局に行く前に、市役所や法務局での手続きが必要な書類を準備します!

必要書類取得場所費用
【個人】印鑑証明(3ヶ月以内)市役所・コンビニ市役所:300円
コンビニ:200円
【個人】住民票の除票(もしくは戸籍附票)
※引越し2回以上の方のみ
市役所200円
【法人】印鑑証明(3ヶ月以内)法務局450円

今回は2回以上引っ越しをしているため、住民票の除票が必要でした。こちらは市役所でしか貰えませんが、住民票であればコンビニで交付することもできますよ!

個人の印鑑証明もコンビニで交付できます。コンビニの方が安いので、活用する

のがおすすめです♪

コンビニでの交付はマイナンバーカードが必須なので、忘れないようにしてくださいね。

4.名義変更やり方!書類の書き方を徹底レポート【大阪陸運局編】

次は陸運局に向かいますが、その前に忘れ物がないように持ち物チェック♪

▼陸運局で必要な書類一覧

必要書類取得場所
【個人】車検証原本
【個人】譲渡証明書ダウンロード(国土交通省)
【個人】印鑑証明(3ヶ月以内)市役所
【個人】住民票の除票(もしくは戸籍附票)
※引越し2回以上の方のみ
市役所
【法人】印鑑証明(3ヶ月以内)法務局
【法人】警察の車庫証明(40日以内)警察署
【法人】議事録ダウンロード(国土交通省)

ついに大阪陸運局(なにわ自動車検査登録事務所)にやってきました!個人から法人への名義変更のやり方を、実際の写真とともに解説しますね。

陸運局内はかなり複雑で、事前に流れを確認しておかないとかなり時間がかかってしまいます…。地図番号と回るルートが異なるので、気を付けてください。次の順番で回るとスムーズに手続きを行えますよ。

▼名義変更のルート
④陸運協会
⑤自家用自動車連合協会
①新庁舎
③自動車税事務所

▼こちらはなにわ自動車検査登録事務所の地図です。

▼建物ごとで行える手続きが簡単に分かります。

この記事さえマスターすれば、名義変更が簡単に終わりますよ!

①ナンバープレートを外す

まずは車のナンバープレートを外しましょう。ドライバーやスパナは借りることもできるのでご安心ください。

大阪陸運局では⑤自家用自動車連合協会にて自由に借りれましたよ。ペンチが必要な場合はスタッフの方に声をかけるとレンタルできます。

②陸運協会で登録印紙を購入

ナンバープレートを外したら、④の陸運協会に向かいましょう。

次の手続きで必要な登録印紙を購入します。普通車の場合は500円です。

陸運局内は全て現金での支払いとなります。カードや電子マネーでの支払いはできませんので、多めに現金を持って行くと安心ですよ。

③自家用自動車連合協会で希望ナンバーの書類を提出

大阪陸運局では地図⑤の自家用自動車連合協会へ向かいます。「自動車標板交付所」とも記載されているので、ナンバープレート関連の手続きを行う場所だと分かりやすいですよ。

こちらではまず、希望番号のネット予約時に届いたメールを用意しましょう。

発券機でメールに記載されている受付番号を入力すると、下記の「希望番号予約済証」が発券されます

こちらと登録印紙、そして旧ナンバープレートを提出すると「手数料納付書」がもらえます。

④新庁舎で書類を提出

①の新庁舎へ名義変更の手続きを行います。

まずは用意されている「申請書(OCR申請書第1号様式)」を記入します。

見本が提示されているので、必ず見本を見て間違えないようにしましょう。

▼実際に記入した申請書

赤線で囲った部分には「住所コード」が必要です。本拠地が大阪であれば新庁舎内の「住所コード」と記載された冊子の中から該当するコードを探して記入します。

他県の場合はスタッフの方に確認してもらう必要があるので、声をかけるか未記入のまま提出しましょう。

「申請書(OCR申請書第1号様式)」の記入が終われば、持ってきた下記の書類と一緒に指定のファイルに入れ、提出します。

必要書類取得場所
【個人】車検証原本
【個人】譲渡証明書ダウンロード
【個人】印鑑証明(3ヶ月以内)市役所
【個人】住民票の除票(もしくは戸籍附票)
※引越し2回以上の方のみ
市役所
【法人】印鑑証明(3ヶ月以内)法務局
【法人】警察の車庫証明(40日以内)警察署
【法人】議事録ダウンロード

▼車検証原本

▼譲渡証明書

▼個人・印鑑証明(3ヶ月以内)

▼個人・住民票の除票(もしくは戸籍附票)

▼印鑑証明(3ヶ月以内)

▼警察の車庫証明(40日以内)

▼議事録

書類を確認次第ファイル番号で呼び出されるので、窓口の近くで待機してくださいね。

ちなみに、書類に不備があった場合は窓口に呼ばれ、その場でスタッフの方に教えてもらえます。

書類の記入やファイルの確認はかなり時間がかかるため、正しく記入できる自信がない方は分からない部分はとりあえず空欄で提出するのがおすすめです。

新庁舎内は混雑している上、番号が口頭で呼ばれるので分かりづらいです…。番号の聞き漏れや間違いがないように気をつけましょう。

⑤自動車税事務所で納税

必要書類の提出が完了したら、地図③の自動車税事務所で納税します。

まずは書類が用意されているので記入し、窓口で提出。その後隣接している納税窓口で料金を支払います。

こちらも現金のみの支払いなので注意してくださいね。

⑥自家用自動車連合協会で書類を提出

最後に新ナンバープレートの受け取りに地図⑤の自家用自動車連合協会へ向かいます。

手元に残っている書類を全て提出すれば新しいナンバープレートとネジが貰えます。取り付け作業を開始しましょう。

⑦ナンバープレートの封印

最後にナンバープレートの封印を行います。封印場所は地図⑤自家用自動車連合協会の目の前にありますので、ここへ駐車しましょう。

スタッフの方が封印作業を行います。これで全ての手続きが完了です!

お疲れ様でした!気を付けて帰宅してくださいね。

まとめ

改めて車の名義変更の流れを復習しましょう。

大まかな流れは以下の通りです。

  1. 希望番号(ナンバープレート)の予約
  2. 車庫証明の申請
  3. 陸運局での手続き

手続きの順番を間違えたり書類に不備があると、かなりの時間がかかります。

名義変更を行う際はぜひ本記事をマニュアルとして活用してくださいね。

 

車売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が
『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車査定は複数業者間で『比較』することで
平均16万円も査定額がUPするという
調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
 出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格で言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメ

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

⇒平均16万円お得なかんたん車査定ガイドで高額売却する♪

ドライブファクトリー

コメント

    タイトルとURLをコピーしました