國吉加奈子のプロフィール

高校卒業後、専門学校にて動物看護・ドッグトレーニング・トリミングについて学び、
卒業後は都内の動物病院に勤務。
2年間、動物看護師&トリマーとして働く。

動物看護師になったきっかけは、もともと犬猫が大好きだったということと、大好きだった愛犬との突然のお別れ。

高校生のとき、両親の不在中に長年飼っていた愛犬が目の前で倒れる。
とっさの判断で、一人で動物病院まで抱えて連れて行ったが、辛そうな愛犬を目の前に何もすることができず…愛犬はそのまま抱えられ、息を引き取ってしまう。

苦しんでいる愛犬を目の前に何もできなかった自分を責め、しばらくは悔しさと悲しさが残っていたのを今でも忘れられない。

その出来事を境に、自分が犬猫を助ける立場になりたいと思うようになり、ペット系の専門学校へ進学することを決意する。

高校卒業後は専門学校で動物看護・ドッグトレーニング・トリミングについて学び、動物看護士、トリマー、愛玩動物飼養管理士の資格を取得。さらにペットについてもっとスペシャリストになりたい!という気持ちから、ホリスティックケアカウンセラーの資格を取得。

専門学校卒業後は都内の動物病院に勤務し、獣医師のサポートをメインに、受付から診察、臨床、薬の管理や動物の健康管理など行なていた。

またペットの病気や体調の悪化で病院に来る飼い主さんはとても不安を抱えているため、看護師が少しでも不安を解消してあげることがとても大切。診察に関わることだけでなく、飼い主さんとのコミュニケーションもとても大切にしていた。

もちろん病院には様々な状態の動物が来るため、時には辛く悲しい現実を見なくてはいけないときもあったがその反面、高いスキルを求められる動物看護師は、本当にやりがいのある仕事だったと言う。

人間の看護師とは異なり、動物看護師に国家資格や公的な資格は今のところ無い。

しかし動物看護師は、動物の病気についてはもちろん、身体や行動、臨床、薬などに関する深い知識が求められる仕事だと、身をもって実感する。

自身が勤めていた動物病院では、月に数回、愛犬とその飼い主さんを対象に、トレーニング方法やしつけの講座、栄養や歯磨きについての講座を開いていた。

その講座を通して飼い主さんに様々なアドバイスをしていく中で、悩みの答えは一つではなく、同じ悩みでも様々なケースがあるんだなと感じた。

どのような悩みにも、犬だからこうだ!猫だからこうだ!という結論はない。

十匹いれば十匹十色。犬にも猫にも人間と同じように、様々な性格や特徴があり、そしてそれぞれに持っている個性がある。

しつけをするうえでも、やり方は一つではなく、一匹一匹に合ったトレーニング方法を実践することが大切。

病気を治すにしても、同じ症状の犬がいたら治療法も薬も同じとは限らない。

原因や過程、その子の体調や性格など、全ての情報から、その子に合った治療法や薬を見つけてあげる必要があるのです。

そしてそれを見極めてあげるのが、私たち動物業界で働く人の仕事であり、責任なのだと言う。

結婚・出産を機に動物看護師の現場からは離れていたが、現在は時間があるときに犬猫の里親ボランティアに参加しており、犬猫の譲渡会のお手伝いなどもしている。

犬猫のシェルターにもトリマーとして訪問したことが何回かあり、今飼っているゴールデンレトリバー&猫も、そこから里親として引き取った保護犬・猫なのだそう。

以前、動物看護&トリマー研修のためにオーストラリアに行った時にそこで保護犬とたくさん触れ合う機会があり、オーストラリアの動物の保護体制に感激、それを機に保護活動やボランティアに参加するようになる。

日本も捨て犬や捨て猫への考えが変わってほしいなと願う日々です。そしてこれからも少しでも力になれたらなと思い、時間を見つけて今後も参加して行きたいなと思います。と語っていた。