小林宏幸のプロフィール

プロフィール

北海道産ドッグフードだいちを販売する株式会社克フーズの代表取締役。

趣味はバドミントン、古着、カフェ巡り。

学生時代

1年間の浪人生活を経て
小樽商科大学 企業法学科を卒業。

昔から動物好きで特に犬・猫は大好きだったが、
実際に動物を飼った経験はなかった。

食品会社時代

大学受験の経験から自分の視野を広げたいと考え、
全く関りのなかった食品分野である
北海道札幌市内の食肉加工会社へ
アルバイトで入社。

工場勤務を経て、正社員になり、
工場全体を管理する立場となり、
最終的には営業部課長として業務を行い、
4年間勤めた。

この食品会社で食肉の知識だけでなく、
食品衛生責任者の資格を取得。

ISO・HACCPの講習を受け、
大手食品スーパーなどの商品規格書の作成や、
品質管理部門からの検査にも対応した。

起業の経緯

市販のドッグフードの原材料に
「人が食べられない食品廃棄物や有害な添加物」
が大量に使われているのを見て起業を決意。

2017年1月に株式会社克
(まさる)フーズを設立。

自身で学んできた食品知識と
大手ドッグフードメーカーの
元栄養学セミナーの講師に師事した知識を活かし、

北海道産原材料を100%使用し、
無添加で犬の消化吸収に最適な生肉を使った
「北海道産ドッグフードだいち」を開発。

2018年1月から札幌市内と
インターネットで正式販売を開始。

「北海道産ドッグフードだいち」

「北海道産ドッグフードだいち」は
販売開始から1年も経たずに
取扱店舗は札幌市内で8店舗、

本州でも取り扱いが始まり、
多くの飼い主から支持を受けている。

こだわりのサポート体制

「最高のドッグフードと同じくらい
大切なのがお客様へのサポート」をモットーに
自社ドッグフードの相談対応や、

札幌市内・YouTubeでのドッグフードセミナー、
は全て小林自身が行っている。

食事以外にも、相談対応や獣医、
ドッグトレーナーなどの紹介など
その活動は多岐に渡る。

個人と株式会社克フーズでの活動

現在「株式会社秀英予備校」で
講師として小中高の学習指導の副業もしている。

サイボウズが主催する
「札幌地域クラウド交流会」の起業家プレゼンでは
最多投票を獲得し、優勝。

北海道新聞にも掲載された。

2018年7月からマクアケでの
クラウドファンディングを実施。

2018年9月に発生した
「北海道胆振東部地震」では、
被災者の愛犬に対して自社ドッグフードを
無料配布するなどの活動を実施。