泉舞のプロフィール

社会人3年目の頃、脱毛専門サロンミュゼプラチナムにお客様として通い始める。もともとワキ脱毛で通う予定だったが、スタッフさんの対応の良さとお店の雰囲気が好きで、次第にミュゼのファンになる。他の部位も追加契約し、効果を実感し始めた頃、ミュゼの求人広告に目がとまった。もともと美容が大好きであり、脱毛について突き詰めて勉強してみたい気持ちと、スタッフさんの接客へ憧れから応募を決意する。

無事に採用され、3か月のトレーニング期間を経て東京のミュゼに配属される。同時期に【日本エステティック経営者会(JEM)認定 安全基準試験】に合格。

最初2年間は施術専門スタッフとしてお客様の脱毛を担当。施術で大切にしたことは、1ショット1ショットを確実に当てること、粘膜部分などはギリギリのラインまで当てて差し上げること、お客様の気持ちを考えた会話をすること。そのお陰か追加契約の売上が全国ランキング10位以内に度々入るようになった。

カウンセラーになることを勧めていただき試験に無事合格。勤続3年目からはカウンセリングを主に担当するようになった。カウンセリングに入る際に大切にしたことは、毛がなくなるまでの回数をしっかり伝えること、お客様の毛質を見極めること、お客様に合うプランを1つに絞ってわかりやすく伝えること。ある時期には、全国のカウンセラー売上ランキングで1位をいただいた。

脱毛の相談に来られるお客様は皆さん切実であり、「小さな頃から毛が濃いことがコンプレックスで、やっと脱毛に通う決心ができた!」という方も多かった。お客様のご職業や年代も様々で、学生さんや主婦の方、看護師さんや幼稚園の先生、70代のおばあちゃんもいらした。カウンセラーは決して楽なお仕事ではなかったが、お客様からの感謝やお褒めのお言葉が糧になり、最後までカウンセラーを務めることができた。

勤続5年になる直前、ミュゼを結婚退職。その後は別の会社に4年間勤め、2人の子供を出産。出産後も正社員で働き続けたが、子供たちの看病などで度々休むことを余儀なくされた。2019年秋に在宅Webライターへの転身を決意。子供たちが保育園に通う日中を中心に、専業ライターとして活動中。

脱毛専門ライターとしての強みは、お客様として通った部位はもちろん、勤務中に自分自身の全身脱毛が完了しており、自分の体験からエステ脱毛にかかる回数を部位ごとに熟知していること。また、数年経った現在の毛の様子も語ることができること。記事の執筆においては、自身の経験をもとに、ユーザーさんに役立つ情報をお届けしたい想いが強い。

好きなことは、外国の素敵な風景をネットで探して眺めること、HAPPYな結末の映画を観ること、ママ友と遊ぶこと。基本的に人との交流が好きである。