安座間美咲のプロフィール

プロフィール
元ウエディングプランナー、業界歴10年超。

元々、学生のころから学園祭などのイベントで裏方として取り仕切ることが好きでした。地方から上京したばかりの大学1年の時に、初めて六本木のレストランウエディングに出席。それまで全く見たことのない自由なスタイルの結婚式に感動したのと同時に、裏方として格好よく動きまわるスタッフたちに、こんな仕事もあるのか!と目が釘付けになりました。

当時は「ウエディングプランナー」という言葉すらまだ世の中で知られていない時代。ウェディング業界は社会人経験もない素人が入れる世界ではありませんでした。しかし、どうしてもウェディングの仕事をしたい、と思い、大学卒業後に都内でウエディングプロデュース会社が運営している専門スクールへ。

約1年間、ウエディング業界で現場の第一線で活躍する講師たちの講座は、基礎知識から現場での対応まで奥深く幅広い内容で、その後のプランナー業務の大きな礎となりました。

専門スクールを卒業後、都内の老舗総合結婚式場で約3年間、式場の婚礼担当として勤務。総合結婚式場は結婚式の全てが詰まった場所。専門スクールを卒業したとはいえ、未経験者の私にとって学ぶことだらけの環境でした。
その後、大手ブライダルプロデュース会社へ。ゲストハウスウで貸切スタイルの結婚式をプランナーとして約4年間勤務。細部にまでこだわりぬいた非日常感溢れるゲストハウスで多くの新郎新婦の結婚式を担当。

その間、ゲストハウスの新店舗開業のため、様々な地方への新店舗の開業準備から現場オペレーションのづくりなど多くの経験をさせてもらいました。地域によって風習が大きく異なるのも結婚式の特徴で、地方で仕事をするにはその土地の結婚式についてよく知る必要がありました。
その後沖縄へ移住し、約4年沖縄のリゾートウエディングのプランナーとして国内外からの新郎新婦の結婚式を担当。その会場もまたリゾートウエディングのを立ち上げ時期だった為、取引業者の選定から、遠隔地に住む新郎新婦との打ち合わせの進め方、スタッフの研修、当日のオペレーションまで一から作り上げる経験もさせてもらいました。

計10年以上、結婚式場、ゲストハウス、リゾートウエディングと異なるスタイルの結婚式、様々な地域で結婚式に携ってきました。

私が感じるウエディングプランナーの仕事の醍醐味は、カメラマンやフラワーアーティスト、シェフ、パティシエ、音響、メイク、司会などそれぞれのその道のプロフェッショナルの人たちと一緒に仕事をし、一つの結婚式を作り上げていくこと。
新しいウエディングケーキ、コーディネート、演出アイディア…等、イメージを形にしてて新郎新婦やゲストに喜んでもらえる瞬間はプランナー冥利に尽きます。
ウエディングプランナーは、結婚式を挙げるカップルの要望を期待以上の形にし、現場のプロたちがその結婚式においてベストな仕事をできるように、様々な工夫や調整をする役割。10年を超えても学ぶことの多い奥の深い仕事です。
また、全く異業種の職業や面白い経歴をお持ちの新郎新婦や特別なゲストの方、人柄の良さにに惚れこんでしまうような新郎新婦との出会いもまた、ウエディングの仕事の面白みです。

結婚式は新郎新婦とゲストの互いへの思いが、そのまま当日の会場の空気感になります。

内容の豪華さや費用面ももちろん大切ですが、「良い結婚式だった」と新郎新婦はもちろん、出席した全ての人の良い思い出となる、幸せな空気包まれる結婚式を多くの人に迎えてほしいと思っています。

現在はウエディング業界から少し離れた立場にいますが、自分の書く記事が、ご覧になった方の結婚式の準備に少しでも不安をやわらげ、役に立つことができれば幸いです。