ポメラニアンのしつけで噛むのを直せる?噛み癖で重要な3つの注意点

ポメラニアンのしつけで噛む

ポメラニアンの噛み癖が直らない・・・。

ポメラニアンを飼っている飼い主さんで、
「噛み癖」に頭を抱える方は多いこと
でしょう。

ポメラニアンは噛み癖がつきやすい
犬種と言われています。

しかし、放っておけば他人やほかの
犬に噛みついてしまう事故に繋がる
危険性があり、大変危険です。

飼い主さんも本気で噛まれれば
大けがになってしまうこともあるため、
噛み癖はしっかりと直さなければ
なりません。

でも、どうやって直せばいいの?

そんな飼い主さん必見、この記事では
ドッグライフカウンセラーが、
ポメラニアンの噛み癖を直す方法を
3つの項目に分けて解説します。

ポメラニアンはしつけをすれば噛むのをやめさせられる!

ポメラニアンは噛み癖がついてしまう
子が多くいます。

なぜ噛むの?と思う飼い主さんも
多いでしょう。

しかし、犬は無意味に噛むことは
しません。

必ず何か理由があって噛みます。

例えば以下のような理由が
あげられます。

  • 子犬の歯の生え変わり時期
  • 遊んでいる途中で興奮した
  • 嫌なところを触られた
  • 嫌なことをされた

などです。

ポメラニアンは自己主張をする際に、
噛んだり吠えたりして伝えようとする
傾向があります。

また、特に成犬のオスは縄張り意識から
噛みつく場合もあります。

まずは、どのような状況で噛むのかを
把握することが重要です。

その状況に応じたしつけをすれば、
成犬になってしまっても、個体によって
かかる時間は異なりますが、ポメラニアンは
学習能力が高い犬種ですので、必ず
しつける
ことができます。

ポメラニアンのしつけで噛むのを直すための3つの注意点とは

ポメラニアンの噛み癖を直すには、
どのような方法があるのでしょうか。

ここでは、ポメラニアンの噛み癖を
直す方法を解説します。

1.まずは信頼関係を築く事が大切

しつけには、飼い主さんとワンちゃんの
信頼関係を築くことが大切でです。

飼い主さんが「どうせうちの子には
できない」などと思っていたりすれば、
自然とその思いは愛犬にも伝わります。

また、叱ったり叩いたりしていれば、
当然信頼関係を築くことはできません。

噛み癖がついてしまうのは、うまく
しつけを行えなかった飼い主さんの
責任です。

一緒に遊んだり、散歩に行ったりするなど
スキンシップをたくさんとって、飼い主さん
もワンちゃんもお互いを信頼できる関係に
なりましょう。

信頼関係と言っても、ただ甘やかすの
ではなく、主従関係をしっかり確立する
ことを忘れてはいけません。

2.噛んで良い物といけない物をしっかり教える

噛み癖を直す際に気を付けたいのが、
「噛む」こと自体をイケナイことに
しないことです。

噛むことは犬にとってストレス発散や
歯磨きなどの意味もあるため、完全に
噛むことを禁止してしまうのは
良くありません。

噛んではいけないものを噛んだ場合には
「ダメ」などの言葉でやめさせ、おもちゃ
など噛んでも良いもを必ず与えてあげま
しょう。

3.ポメラニアンのしつけは噛み癖がつく前に!

いったん噛み癖がついてしまうと、
ワンちゃんの中ではその行為が当たり前に
なっているため、急にだめだと言われても
理解するのに時間がかかります。

子犬の時、まだ噛むことが癖になる前に
しつけを行い、噛んではいけないことを
教えることがベストです。

子犬の時期はまだ噛む力も弱く、
あまがみ程度かもしれませんが、
それを許してしまうと成犬になって
からが大変です。

子犬の甘噛みであっても、噛んでは
いけない場合にはきちんと「ダメ」
を教えましょう。

ただし、歯の生え変わり時期の場合には、
歯がムズムズするため、噛んでも良い
おもちゃなどを必ず与えてストレスに
ならないようにしましょう。

ポメラニアンのしつけで噛むのを直すためにはいつから始める?

噛み癖は、子犬の頃にしっかりと
しつけておくのがベストです。

子犬は良く甘噛みをします。

子犬のころは力も弱く、ついつい
見逃してしまいがちですが、このまま
成犬になっては、噛み癖に繋がって
しまいます。

子犬の甘噛みは、人間の赤ちゃんが
なんでも口に入れようとする行動と
同じだと感がられています。

噛むことが癖になる前に、噛んでは
いけないものにかんしては、甘噛み
であっても「ダメ」としつけましょう。

この時に、おもちゃなど噛んでも
良いものもきちんと与え、
「これなら噛んでも良いんだ」と
学習させとくこともポイントです。

子犬は歯の生え変わりの際に甘噛みを
したり、成犬になってもストレス解消
や歯磨きなどの一環で噛む行動を必要
としますので、噛んでも良いものは
与えておくようにしましょう。

ポメラニアンのしつけで怒るのは逆効果

叱ったり叩いたりするしつけは、
ポメラニアンに限らずワンちゃんに
しつけを行う上で好ましくない行動
です。

なかなかうまくいかなかったり、
反抗的な態度を取られると、腹が立つ
こともありますが、しつけとは根気との
戦いでもあります。

叩いたり叱ったりしていると、
しつけに重要な信頼関係や
主従関係を築くことはできません。

しつけを効率的に行うためには、
しっかりとワンちゃんとの関係を
良いものにすることからはじめる
ことを忘れてはいけません。

まとめ

ポメラニアンは好奇心旺盛な性格を持つ
半面で、攻撃的、自己主張が強い一面
もあります。

そのため、噛み癖がつきやすい犬種
ともいえます。

しかし、噛むのには必ず理由があり、
その理由を把握し、正しいしつけを
行えば、必ず直すことができます。

噛み癖をつけないためには、子犬のうちに
しっかりと噛んではいけないと学習
させることが大切です。

しつけを行う際には、叱るのではなく
褒めながら行うことが重要です。

噛み癖が解消されれば、飼い主さんと
ワンちゃんの生活がより良いものに
なるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました