チワワの顔は変化する?犬の顔つきの変わり具合や時期はいつごろ?

チワワの顔の変化

チワワを飼ったことがある方は
経験なさったことがあると思いますが
チワワほど、成長過程で顔つきに
変化がある犬種は無いでしょう。

私自身は、チワワの子犬をブリーダー
さんからお迎えいたしました。

募集案内を拝見し、写真を見て
見学をさせていただき、その場で
お迎えすることを決めました。

見学時は、まだ母犬から離しては
いけない時期でしたので、後日改めて
迎えに行ったところ、あまりの変貌に
別犬かと驚いた経験があります。

チワワを初めて飼う予定の方、
既にお迎えが決まっている方で、
準備中の方もおられると思います。

その中でも、チワワは顔が変わると
聞いたので不安という方、一体どれくらい
変貌を遂げるのか知りたいという方。

今回はそんな方たちにチワワの顔の
変化についてお伝えしたいと思います。

チワワの顔つきが変化するって本当なの?

チワワの顔つきが変化するって
本当なのでしょうか?

もし本当に変化するなら、どんなふうに
どれくらい変化してしまうのでしょう?

仔犬の頃の可愛い顔を見てお迎えを
決めたのに、そのお顔が全く変化して
しまうのであれば、何を基準に選べば
良いのかわかりませんよね。

我が家にはたくさんのチワワがおりますが
経験上言えることは以下の2パターンです。

まずは、「顔つき」が変化する場合。

これは、飼い主様の飼い方が大きく
影響してきます。

飼い主様が、穏やかな方でおおらかな
性格であれば、ご愛犬もまったりとした
優しい顔つきになります。

一方、神経質になってしまったり、
厳しく育ててしまうと、いつも飼い主様の
顔色をうかがうような、おどおどした
顔つきになってしまうのです。

もう一つは、成長の過程によるものです。

人間でも同じことが言えますが、赤ちゃんの
頃と大人とでは全く顔つきが変わります。

これは、赤ちゃんの時の顔の大きさと大人の
顔の大きさは当然変化しますから、眼や鼻
などの顔のパーツの位置も変わることで、
バランスが変化するからです。

では、チワワの顔のバランスは、
成長とともにどのように
変化していくのでしょうか?

チワワの顔つきはどれくらい変わるもの?


チワワの顔つきの変化には、実は
流れがあります。

また、厳密には顔つきが変わるのではなく
換毛期により、顔の印象が一瞬変わる
といったほうが正解かもしれません。

換毛期というのは、チワワ以外にはあまり
無い現象なのですが、チワワという犬種は
生後4か月ごろからだんだん毛が抜けていき
それが生後7か月くらいまで続きます。

チワワを飼った経験が無い方は、この
換毛期にかなり驚きます。

中には、皮膚病に侵された!と病院に
連れて行ってしまう飼い主さんも
いらっしゃるほどなんです。

また、獣医さんの中にもチワワに
詳しくない方だと換毛期とわからずに
皮膚病だと診断し、ステロイドなどを
投与してしまう医師もいます。

換毛期も、個体差がありますが
抜ける子は、地肌が見えてしまうほど
抜けてしまいますので、飼い主さんも
不安になられるでしょう。

しかし、経験上言えることですが、
換毛期が激しいチワワほど、成犬時
には、ゴージャスになってくれる
ように思います。

この換毛期により、顔の毛も
抜けて大人の毛に生え変わりますので
顔の印象がきつくなったりすることが
あります。

チワワ生後4か月の子の動画を見てください。

このように、産まれたばかりの頃と違い
かなり毛が抜けていく様子がわかります。

また、この時期はちょうど骨格も
成長する時期ですので、成長過程で
顔が細長くなる時期があり、
チワワらしくない時期が確かにあります。

しかし、チワワは生後8か月前後で
成長がだいたい落ち着きますので、
生後8か月以後になりますと、顔も
また丸くなっていきます。

最初に「流れがある」とお伝えしたのは
子犬の時期の丸い顔つきから、換毛期の
細長くなる時期を経て、再び丸い顔つきに
戻っていくという意味です。

チワワの顔つきが変わり始めるのはいつごろ?


先ほども少しお伝えしましたが、
チワワの顔つきが変化してくるのは
換毛期が始まる時期と同時期です。

つまり、生後3か月後半から
だんだんと顔つきが変化してきます。

子犬の頃の印象が強く、この時期が
一番可愛いと思って、チワワの
お迎えを決める方が多いので、この
時期の変貌に戸惑う方も多いです。

この時期を、チワワの崩れ期と呼ぶ
ことがありますが、ブサイク期などと
表現されることもあります。

ですが、どの時期も飼い主様にとって
たまらなく可愛いものです。

この時期、チワワの顔つきが変貌し、
ブサイクだったなと思うのは、
成長した暁に、写真を見返したり
動画を見返したときに思うものです。

チワワの顔つきが変わるのはいつごろまで?

チワワの崩れ期が終了するのは、生後6か月
から8か月前後です。

人間は、20歳で成人しますが犬は生後1年で
成犬と呼ばれるようになります。

しかし、成長自体はだいたい8か月くらいで
ストップします。

つまり、生後8か月くらいの状態を長く
キープできればいいということです。

この時のボディを基準とし、太りすぎず
痩せすぎず、理想的な体形をキープ
していきましょう。

チワワの顔つきの変化も、だいたいこの時期
くらいには落ち着きます。

ただし、チワワは生後2年~4年ほどかけて
成長を続けます。

体重が増えたり、身体が大きくなるという
のではなく、毛並みや筋肉が充実して、
チワワとしてボディが充実してくる
という意味です。

チワワは成長につれて顔以外に毛色も変化する?

全てのチワワではありませんが、チワワの
中には毛色が成長とともに変化する
場合があります。

主に、茶色系のチワワは、成長とともに
毛色がどんどん変化します。

特に赤毛のチワワは産まれたときは、
真っ黒ですが、成長とともに黒い差し毛が
どんどん抜けていき、
明るい毛色に変化します。

チワワの毛色の変化について、
詳しく知りたい方は下記の記事を
ご覧ください。

⇒チワワって毛色が変化するの!?成長とともに変わることも

毛色の変化も楽しめるのが、
チワワという犬種の魅力です。

チワワの毛色が変化するのはいつごろから?


毛色が変化するタイプのチワワですが
毛の色が変化するというのではなく、
厳密に言えば表の毛が抜けていき、
本来の毛が発現します。

簡単に言えば、表面の毛が抜けることで
隠されていた本来の毛が、出てくる
ということなんです。

この変化は、換毛期が始まる生後3か月
くらいからはじまり、生後2年以上
毛色の変化が続くチワワもいます。

まとめ

今回は、チワワの顔つきの変化について
お伝えしましたが、いかがでしょうか?

チワワを迎えようと、子犬を見学したのに
顔は今と全く違った成長をしますと
言われてしまったら、ちょっと
びっくりしますよね。

でも、顔つきが変わるというのではなく
成長の過程で、顔つきが変わったように
見えるというだけなんです。

ですので、大人になったチワワも、
子犬の時の写真と見比べると、もちろん
面影が残っています。

変化していく様子を、写真や動画に
残しておけば、とてもいい思い出に
なりますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました