PR

車のボンネットのサビがひどい!修理の費用とDIYする方法とは?

メンテナンス

車のボンネットのサビ

車のボンネットって
なぜかいつの間にか劣化していることが
おきやすい場所ですよね。

忙しくしていたから
あまり手入れができなかった。
なんてこともあるかと感じます。

目立つ場所だけに
もっと早くから対処をしておけばよかった…
とがっかりしてしまうことも。

しかし何とかしようと考えたのなら
その時に動くのが一番です!

ボンネットのサビの修理にかかる費用、
DIYのやり方など
ここから見ていきましょう。

車売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が
『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車査定は複数業者間で『比較』することで
平均16万円も査定額がUPする調査結果が出ています。

なぜこんなことが起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりをもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格で言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメ

ネットで申し込むだけで、
・かんたん入力で愛車の査定額がスグにわかる。
・1回の入力で完了するから手間がかからない
・信頼できる業者しかいないので、安心して査定を任せれる
・査定をしたことがない女性や年配の方にも親切
・複数業者を『比較』するから、高額買取が期待できる
・浮いたお金を次の車の購入資金に回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

ボンネットのサビの修理・交換を業者に依頼した場合の費用の相場

まずは業者にお願いした場合。
修理や交換など
さまざまな対処の方法が
考えられますが、
どのくらい費用が
かかるものなのでしょうか。

修理、交換、
それぞれの相場を見ていきましょう。

ボンネットを修理した場合の費用の相場

サビ落としや塗装など、
いわゆる修理での相場は
およそ15,000円から35,000円ほど。

サビの侵食具合にもよりますが、
小さなサビくらいならば、
そこまで費用がかかることは無いようです。

ただし、徹底的に
サビを落としておかないと
修理した同じところから
またサビが…。
なんてことになりやすいのが難点。

ボンネットをリビルトと交換した場合の費用の相場

そもそもリビルトって何よ?
と言う方のために簡単に説明すると、
いわゆる
リサイクルパーツのこと。
ぶっちゃけて言えば中古品ですが、
中古品との違いは
不具合が出た際の
保障が受けられることですね。

車の修理というのは、
板金などになるので
どうしても歪みやひずみが出やすくなります。

そういった心配をなくすために
パーツごとの交換が多く行われるので
パーツそのものも
よくやり取りされているんです。

ネットで探せば
リビルト品の専門店などもありますよ。

さて、このリビルト品との交換の場合
相場はおよそ
40,000円から60,000円。
工賃含めてなので、
なかなかお高くなりますね。

ボンネットを新品と交換した場合の費用の相場

ではボンネットそのものを
新品と交換した場合の相場
どのくらいになるのでしょうか?

およそ80,000円から100,000円。
ちょっとしたサビの修理と考えると
ためらってしまう額ですね。

ただ新品のボンネットと交換した場合、
塗装からはじめてくれるので
不自然なカラーの違いも無く、
愛車に新車のような輝きを
取り戻すことができます。

お財布事情と良く相談して
決めてみてくださいね。

教習所の教官に恋愛感情はある?好きになった時のアプローチ法とは?
埼玉でおすすめの洗車場4選【セルフ・24時間・手洗い】
自転車のスタンドのバネ交換!取り換えに必要な料金はいくら?
車で寝ると酸素がなくなって危険って本当?
ボルボは買ってはいけない?中古はなぜ安い&どこの国?
車のグローブボックスに傷!補修の方法と傷防止対策を紹介
車のクリーニングの料金相場は?おすすめの業者も紹介!
ベルハンマー7は使ってはいけない?塩素系のデメリット&評価まとめ
車のルームランプ!つけっぱなしでバッテリーが上がる時間は?
ニコニコレンタカーは怖い?料金&キャンセルの口コミ|初心者OK?

ボンネットのサビを自分でDIYすることはできるの?

さて、ここまで業者にお願いした場合の
費用の相場を見てきました。

なるべくお金をかけたくない…。
と考えるのは多くの方の
願いではないでしょうか。

ごく軽いものならば
DIYでも改善するのではないかと思いますよね。

やり方など見ていきましょう。

小さなサビを自分でDIYする方法

ここで紹介する方法は
あくまで小さなサビを補修する場合です。

少しつついてみたら
ぼろぼろサビが落ちてきた。
なんて大きなサビの場合は
下手をすると
ぼっこりと穴が開いてしまいます。

こうなってしまったら
パテで埋めて補修をしても、
「補修しました!」
と丸わかりのボンネットになってしまうので、
広範囲、深いサビの場合は
チャレンジしないでくださいね。

こちら、ボンネットではありませんが、
サビ転換のやり方がよくわかる動画になります。
根性でサビをこすり落とすよりも、
薬剤の力を借りましょう。

サビ転換が終わった後は、
キレイに塗装、磨いて
ピカピカにしてあげましょう!
こちらの動画は塗装の仕方がよくわかりますよ。

大きなサビは自分で補修するよりも業者に修理を依頼しよう!

上記でも言及しましたが、
大きなサビを
無理に自分で補修するのはやめましょう。

ボンネットは車のおでこのようなもの。
無理な補修後は
愛車に乗るたびに
しょんぼりしてしまいそうですよね。

ボンネットのパーツ交換もできるよ。
なんて方以外は
おとなしく業者にお任せしましょう。

横浜の洗車場!セルフ・24時間営業・手洗いのおすすめ6選
シリコンスプレーは使ってはいけない?足回りのギシギシは対策できる?
ムーヴキャンバス生産中止の理由|色で後悔&おばさんっぽい口コミも
車のスモークの透過率!車検に通るのは何%がギリギリ?
車内の砂は掃除機で吸っても大丈夫?代用できる方法はあるの?
教習所の教官に恋愛感情はある?好きになった時のアプローチ法とは?
車のフロントガラス!結露で外側・内側が曇る窓の対処法や防止策は?
【危険】車の標識の時間指定!違反で捕まらない為の見方とは?
ホイールのガリ傷を修理する値段とは?DIYで安くできる方法も
駐車場にチェーンスタンドを設置!おすすめTOP5をご紹介!

まとめ

気になる
ボンネットのサビの補修に関して
ご紹介してきました。

長く乗れば乗るほど
愛着の沸く自動車ですが、
同じように
長く乗るほど
傷やサビが目立つものですよね。

しかし、少しでもキレイに乗ろう!
と考えるのなら
日々のメンテナンスのほかにも、
定期的な業者からの
メンテナンスも大事なもの。

お財布事情と相談しながら、
一つの参考にしてもらえればうれしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました