車のヘッドライトの黄ばみ!内側を自分でキレイに磨くコツとは?

カーライフ

車のヘッドライトの黄ばみ

マイカーを大事に乗っている方は、
ボディーのきれいさはもちろん、

ヘッドライトもキレイな状態を
キープしたいと思うものですよね。

でも、ヘッドライトは長期間使用していると
経年劣化などが原因で
内側が黄ばんできます。

「ヘッドライトの黄ばみ
何とかしたいけれど、
どのように磨けばよいのか
わからない・・・」

という方のために、ここでは、

  • ヘッドライト内側から
    きれいに磨くコツ
  • ヘッドライト黄ばみの原因

について解説させて頂きたいと思います。

「マイカーのヘッドライトが
黄ばんできたので
自分で磨いてきれいにしたい!」

と思っていらっしゃる方は、

ぜひ、ヘッドライト磨きの参考になる
以下の記事を読んでみてくださいね。

ヘッドライトを内側からきれいに磨くコツ

「マイカーをいつでも
きれいな状態にキープしたい!」

と思っていらっしゃる方は、

ヘッドライトの黄ばみ
かなり気になりますよね。

できれば、自分でキレイに磨いて
黄ばみを取り、きれいな状態にしたい!と
思っていらっしゃるのではないでしょうか。

そんなマイカーを大事に
乗っていらっしゃる方のために、

以下に自分でヘッドライトの黄ばみを
除去するために、
自分できれいに磨くコツ
いくつかご紹介させて頂きたいと思います。

ヘッドライトを外してコンパウンドで磨く

ヘッドライトの交換をせずに
ヘッドライトの黄ばみ
内側からきれいにしたいのであれば、

ヘッドライトを外して
内側をコンパウンドで磨くのが
おすすめの黄ばみとりの方法です。

ただし、ヘッドライトを外すのは
結構大変ですし、

戻すときにコーキングを
しっかりしておかないと

内部を磨いた後、
ヘッドライト内部に水が入って

水滴などの曇りの原因となりますので、
注意が必要です。

ヘッドライトをばらしてレンズを漂泊剤を薄めた水につける

上記でご紹介しましたように
ヘッドライトを外して

コンパウンドでヘッドライトの内側を
磨く方法も、

ヘッドライトの黄ばみを除去する
おすすめの方法なのですが、

コンパウンドで磨かなくても、
漂白剤を活用すれば、

ヘッドライトの黄ばみを
除去することができます。

やり方は、簡単でヘッドライトを外し、
バケツに漂白剤を薄めた水を入れて
漬けこむだけで、

ヘッドライトの黄ばみを
かなりきれいに除去することができます。

youtubeにてBMWのヘッドライトを
外す方法を紹介している動画を
見つけました。

ヘッドライトはどのように外せばよいのか
知りたい方は、

ぜひ、以下の動画をご覧になってくださいね。

エチルアルコールを布にしみこませて拭き取る

ヘッドライトの黄ばみを取る方法として、
上記で、コンパウンドで磨く方法と

漂白剤を薄めた水に
ヘッドライトを漬けこむ方法を
ご紹介しましたが、

そのほかにも、ドラッグストアや薬局、
ホームセンターで入手できる
エチルアルコールを活用して
黄ばみを除去する方法もあります。

方法は簡単で、まず、ヘッドライトを外し、
乾いた布にエチルアルコールを
しみこませてヘッドライトの内側を
拭き取るだけでOKです。

ヘッドライトの内側を拭き取ると同時に
ライトを反射させるメッキ部分も
拭き取っておくと、
ライトがよりきれいに光るようになりますよ。

ヘッドライトの黄ばみの原因とは

昔の車のヘッドライトはガラス製だったので、
黄ばんだりすることはありませんでしたが、

現在、製造、販売されている
車のヘッドライト樹脂製なので、

雨や紫外線を浴びると
焼き付けられ、汚れが付着し
劣化して黄ばんでしまうようになりました。

ヘッドライトをできるだけ黄ばまないように
するには、以下の方法がおすすめです。

①駐車場に屋根をつけ
直射日光を浴びないようにする

②ヘッドライトにスモークカバーをつける

③車を洗車するときには
こまめにコーティング剤をつける

④純正ハロゲンライトから
LEDのヘッドライトに交換する

これらの方法を活用するだけで、
ヘッドライトの黄ばみを
かなり抑えることができます。

自分で落とせないときはカー用品店に依頼

自分でヘッドライトの黄ばみを
落とせない場合は、

イエローハットやオートバックス、
ジェームズなどのカー用品店に
依頼すれば、

ヘッドライトの磨きからコーティングまで
行ってもらうことができます。

費用はオートバックスの場合、
ヘッドライト磨きが左右税込み3240円~
磨く作業の所用時間は20分ほど
かかるようです。

このヘッドライト磨きに
コーティングをプラスすると

左右で税込み5400円ほど
費用が加算されます。

ヘッドライトのコーティングの作業に
かかる時間は40分ほどとなっています。

どうしても黄ばみが落とせない場合はヘッドライトを交換しよう

どうしてもヘッドライトの黄ばみを
落とすことができない場合は、

ディーラーなどに依頼して
ヘッドライトを交換してもらうことを
おすすめします。

ただし、ヘッドライトの交換は
樹脂製のカバーだけ
交換することはできないので、

ライト全体を交換しなくては
いけません。

ヘッドライトの交換にかかる費用は、
車種によって異なりますが、

例えば、トヨタのクラウンだと
部品代プラス工賃で10万円以上

ヘッドライトの交換に
費用がかかる場合があるようです。

まとめ

車のヘッドライトの黄ばみの原因は、

樹脂製のカバーが
雨や紫外線を浴びると

焼き付けられ、汚れが付着し
劣化してしまうからなので、

できるだけ黄ばまないようにするには、
下記の方法を行うことをおすすめします。

①駐車場に屋根をつけ
直射日光を浴びないようにする

②ヘッドライトにスモークカバーをつける

③車を洗車するときには
こまめにコーティング剤をつける

④純正ハロゲンライトから
LEDのヘッドライトに交換する

また、黄ばみを
自分で除去するために磨くコツ
以下の通りとなっています。

①ヘッドライトを外してコンパウンドで磨く

②ヘッドライトをばらして、
レンズを漂泊剤を薄めた水につける

③エチルアルコールを
布にしみこませて拭き取る

そのほかにも、
オートバックスやイエローハット、
ジェームズなどのカー用品店に
依頼すれば、

ヘッドライト磨きプラスコーティングを
行ってもらうことができます。

上記の方法を行っても
ヘッドライトの黄ばみを除去することが
できない場合は、

ディーラーなどに
ヘッドライトの交換を依頼しましょう。

ただし、ヘッドライトは
樹脂製のカバーだけの交換は
できないので、

ヘッドライトそのものを
丸ごと交換することになるため、

かなり費用がかかることを頭に入れたうえで、
ディーラーなどに交換を依頼しましょうね。

 

車売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が
『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車査定は複数業者間で『比較』することで
平均16万円も査定額がUPするという
調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
 出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格で言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメ

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

⇒平均16万円お得なかんたん車査定ガイドで高額売却する♪

ドライブファクトリー

コメント

    タイトルとURLをコピーしました