専門家が辛口レビュー!ドッグフードおすすめランキング > >
PR

ハムスターが怪我で出血してる!応急処置の方法は?

ハムスター

ハムスターの怪我

動物を飼っていると、大なり小なり
トラブルがあります。

ペットが怪我をしてしまうということも、
そのトラブルのひとつ。

ハムスターなどの小さな動物だと、
元々の血液の量が少ないので
出血したりするとかなり心配ですよね。

飼い主さんとしては、おうちでできる
応急処置があればやってあげたいところ。

そこで、ハムスターが怪我をして
出血したときにおうちでできること
紹介していきます。

最終的には病院に行くことをおすすめしますが、
応急処置として覚えておきましょう。

ハムスターが怪我で出血したら応急処置は出来る?

状態によりけりですが、出血が続きそうな
勢いなら応急処置を試してみてください。

怪我の大きさにも深さにもよるので
断言はできませんが、太い血管があるところ
自然には止まり辛いので
応急処置が必要なことが多いです。

1.出血を止めることが優先

応急処置の目的は、とにかく出血を止めること。

ハムスターは身体が小さいので
犬猫に比べて血液量も少ないです。

出血し続けているとあっという間に
出血多量になってしまうので、
少しでもゆっくりにすることが必要です。

体表の腫瘍が破裂したり、何かに挟まって
足がちぎれてしまったり・・・。

小さな怪我なら自然に止血されますが、
大怪我だと自分では止まらないことも多いです。

もし怪我から血がどんどん出ているなら、
可能なら出血しているピンポイントを見つけて
そこを圧迫します。

ガーゼなどでも良いですが、患部がもろい場合
ガーゼを外したとたんに
出血が再開することもあります。

そんなときには、ラップなどつるっとしたものを
ガーゼのかわりにして圧迫すると
外しても凝固した血液が剥がれ辛いようです。

動脈からの出血だとどれだけ押さえても
止まらないことがありますが、
静脈からの出血なら30秒押さえていれば
止まることが多いです。

2.それ以上の応急処置は危険!病院へ

応急処置をしたら、すぐに病院へ行きましょう。

消毒したり包帯を巻いたり、
ハムスターにこれらの処置をするのは
プロにおまかせしましょう。

あまり強く締めると患部が
壊死したりすることもあるので、
応急処置以外は素人が行うには危険です。

病院に行きたくないから自分で手当てをして、
よけいに悪化したら嫌ですよね。

動物を飼うなら、病院へ連れていくのは
ためらわないようにしましょう。

飼い主の義務ですよ。

ハムスターは犬や猫のように
凶暴で連れてこれない、なんて子は
いないんですから。

セキセイインコの雛の値段は?安い時期&元気さの見分け方!
ポメラニアンの白の値段は?特徴や性格を徹底調査
うさぎのケージの人気ランキング!実際に使った人のおすすめTOP10
犬の臭いは餌に原因があった!?体臭にも影響する食事の特徴
うさぎの病気は皮膚にでる?症状から分かる4つの原因を徹底解説
犬用スリングの作り方!簡単に手作りできるってホント!?
ハムスターの寒さ対策を手作りで!使えるアイテムも紹介!
ベタは水草で寝るって本当!?おすすめの5種類を紹介!
トイプードルの体重の推移!子犬の月齢ごとの平均をご紹介
チワワの顔の選び方とは?犬の見た目を種類別で顔つきを紹介

ハムスターの怪我!出血だけでなく骨折してるかも!

ひどい怪我をしている場合、
ハムスターのような小さな体だと
骨まで折れていたりすることもあります。

どこか異常に痛がっていないか、
手足には力が入っているか、変な方向に
曲がっていないかなど全体を見渡しましょう。

出血するような怪我をしている場合、
油断しないほうが良いです。

ハムスターの怪我の原因は何?

ひとくちに怪我と言っても、原因は色々。

それでも、比較的家庭で起きやすい事故
あるので紹介していきます。

ハムスターは基本的にケージの中で
暮らしていますが、たまに部屋に放したり
ケージを変えたりして
環境が変わることがありますよね。

タイミングとしては、いつもとは
少し違ったことをしたとき
怪我しやすいような気がします。

1.ケージや飼育道具で引っ掛ける

ケージや飼育道具には
色々なスキマやでっぱりがあります。

そこに手足をひっかけてしまったりして
ハムスターが怪我をすることがあるんです。

ハムスターもバカではないので、
慣れた環境であれば安全に行動することを
覚えます。

しかし、新しい環境にいきなりおかれると
まだ慣れない場所ということもあり
ケージの特徴を把握できず、
怪我をしてしまうことがあります。

2.高い所からの転落

テーブルの上などで遊ばせているときに
おきやすい事故です。

ハムスターは結構怖いもの知らずです。

ねずみとしての本能は持っているものの、
ペットとして飼育されるために
幼いころから閉鎖空間で飼われていると、
どうしても危険への対処を覚えません。

高いところから転落したら危ないというのは
哺乳類としては常識ですが、
親や環境から学ばないと中々理解しません。

子犬も高いところから
平気で飛び降りようとしますよね。

ハムスターは体重が軽いので
かなりの高さから落ちても
無傷のこともありますが、打ち所が悪いと
骨折したり死亡したりというリスクはあります。

ハムスターにティッシュの箱で巣箱をプレゼント!作り方をご紹介!
犬の涙やけの治療って?病院での費用や方法を解説
カラスの撃退はレーザーポインター!評判&効果をまとめてみた
ポメラニアンブルーマールは病気になりやすい?ミスカラー等の情報も
カメレオンの飼育は初心者でも出来る? 環境づくりやかかる費用を解説
犬のベッドを手作り!100均でおしゃれにDIYしちゃおう!
熱帯魚の水槽の移し替え&移動!引っ越しをする手順と3つの注意点!
うさぎの散歩はいつから?時間・頻度やメリットを徹底解説
文鳥の雛を保温したい!カイロやヒーターで簡単にできる?
鶏の卵が孵化したらどうする?雛が生まれたら知っておきたい注意点!

3.人や家具の下敷き

たまに部屋のなかでハムスターをはなして
散歩させる環境だと起きやすい事故です。

足元を動き回っていて人が気づかずに
踏みつけてしまったり、家具に挟まれたりします。

家具のなかでもドアに挟まれるというのが、
ハムスターや文鳥、ウズラなど
小さくてちょこまか動く動物が
遭遇しやすいです。

怪我で済めばラッキーですが、残念ながら
大怪我の末亡くなってしまうことも多いんです。

4.ハムスター同士の喧嘩

ハムスター同士は、かなり激しい喧嘩をします。

相手が死ぬまで攻撃をあきらめない
気性の激しいハムスターもいるので、
あまりにも相性が悪そうなら
ハムスター同士を隔離することを
オススメします。

ハムスターの歯は鋭いので、
力いっぱい咬みつくと
皮膚を簡単に破ってしまいます。

怪我が多いと大量出血にもつながるので、
多頭飼いの場合にはハムスターの相性も
考えましょう。

マイクロブタは後悔する?デメリットや問題点をまとめてみた【口コミ】
ひよこの値段はペットならいくら?家で飼育する場合の料金相場を紹介
蛇の卵の産み方! 大きさや孵化までの日数はどのくらい?
犬の車椅子の作り方!DIY初心者でも手作りはできるの?
aikonaの口コミ&評判!アマゾンと楽天で安いのはどっち?
メダカの卵が白い原因は?卵の色でわかる症状&対策方法
うさぎがケージの中で暴れる!簡単にできる3つの騒音対策とは?
犬の涙やけ専用クリーナー!本当に効果アリなTOP6!【口コミ比較】
犬が臭い原因とは!ストレスが関係してるって本当!?
インコの種類一覧!性格や飼いやすいペットのおすすめは?

まとめ

ハムスターが出血するって怖いですね。

ポイント
  • ハムスターは身体が小さいので、
    出血が続くとあっという間に出血多量になる
  • 応急処置はできたらした方が良いが、
    最終的には病院へつれていく
  • 家庭での事故も多いので、
    飼い主さんが注意を怠らない

獣医師もハムスターなどの
小さな動物の出血にたいしては
ものすごく神経質になります。

ちょっと出血してもすぐに元通りになる
犬猫とは違い、ちょっとの出血で
死んでしまうこともあるからです。

まずは怪我をしないように気を付けるのが第一。

予防に勝る治療はありません。

飼い主さんしかできないことなので、
おうちのハムスターのためにがんばりましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました