専門家が辛口レビュー!ドッグフードおすすめランキング > >
PR

うさぎのケージの大きさは超重要!安全な生活スペースはどれくらい?

うさぎさん

ふわふわとした毛並みと
愛らしい仕草が人気のうさぎ。

ペットとして流通しているうさぎは、
サイズや毛の長さなど様々で、
めったに鳴かないので
集合住宅でも飼いやすいのが特徴です。

そんなうさぎを飼おうと思い、
いざケージを買おうと調べてみると、
サイズなど色々な種類があり、

どれを選んだらいいのか迷ってしまう人も
多いのではないでしょうか。

実はケージのサイズによって
うさぎが安心して過ごせるかどうかが
変わってくるため、
ケージ選びはとても重要になってきます。

今回はうさぎが安心して生活できる
ケージの選び方を
詳しく紹介していきたいと思います。

うさぎのケージの大きさが重要な理由

うさぎのケージには
色々なサイズがありますが、
ケージを選ぶ際には、
大きさが重要になってきます。

なぜケージ選びに大きさが重要なのか、
次の章から詳しく解説していきます。

1.うさぎの種類や個体のサイズに合った大きさがある

現在ペットとして
流通しているうさぎには、
毛の長さや体の大きさなど
様々な種類が販売されています。

そのためケージを選ぶ際も、
それぞれのサイズに合ったケージを
選ぶ必要があるのです。

ケージを選ぶには、
まずは飼いたいうさぎの
サイズを確認してからケージを選ぶ
と、
失敗が少なくなります。

2.もともと巣穴で生活していたので広すぎるとストレス

うさぎは元々地面に穴を掘り、
地面に潜って生活をしています。

その名残から
あまりにも広すぎるケージは、
周りから見られすぎてしまうため、

うさぎにとっては、
かえってストレスになります。

ケージはそのうさぎの大きさに合ったものを
選んであげるようにしましょう。

3.伸びて寝るので狭すぎもNG

上の章では、
広すぎるとストレスになると
紹介しましたが、
実は狭すぎるのも良くありません。

うさぎは暑いときや
リラックスしているときは
体を伸ばして寝転ぶ習性があります。

そのため体を伸ばした時に
窮屈なケージサイズでは、
ストレスの原因にもなりかねません。

ケージを選ぶときには、
これらのうさぎの習性も考えて
選ぶ必要があるのです。

セキセイインコの体重が減少!増やすにはどうしたらいい?【まとめ】
金魚は寝るときにどんな体勢になる?魚たちの寝方について徹底解説
文鳥のケージの置き場所は?おすすめの設置場所3選
文鳥が餌を食べない!好き嫌いさせない方法&適切な量とは
ポメラニアンのミックスの里親になるには?おすすめの探し方も紹介
【京都】ジェントルマックスプロ6選・烏丸・四条・京都駅で安い
蛇の餌はネズミ以外にあるの?ハムスターや鶏肉も食べるって本当?
犬の口臭がアンモニア臭がする!病気のサインって本当!?
シーズーの皮膚病はフケが出る?病気の予防や肌のケアの方法
うさぎがしっぽをふるのは何故?喜びの表現ではないので要注意!

うさぎが安全・安心に生活できるケージの大きさ

こちらの動画は、
うさぎのケージを
実際にセッティングする様子を
撮影したものです。

ここまでうさぎのケージ選びの際に、
大きさの重要性を解説してきましたが、
実際にはどの大きさのものを
買えばいいのでしょうか。

次の章から、
うさぎが安全・安心して
生活できるケージの大きさ選びのコツを
紹介していきましょう。

1.うさぎが立った時に余裕のある高さ

まず1つめに、
うさぎが立ったときに余裕がある高さを
選ぶ必要があります。

基本的には前足と後ろ足を
地面につけた状態で移動しますが、
時々後ろ足だけで立つことがあります。

そんなときに耳や頭がケージに
ぶつかってしまわないように、
立った状態でも余裕がある高さの
ケージを選ぶ必要があります。

飼いたいうさぎの種類で
成長したときの体長にプラスした
高さを選ぶのがおすすめです。

2.足を伸ばして横になった時に十分な広さ

2つめに、
足を伸ばして横になったときに
十分な広さを確保する必要があります。

暑かったときやリラックスする時に
横になる習性のあるうさぎにとっては
ケージ内の広さは重要になってきます。

選び方のポイントとして、
うさぎの体長に前後左右
プラスしたサイズを
選ぶのがおすすめです。

ケージ内にはうさぎの他に、
餌箱やトイレなども設置するので、
その分も考慮して選ぶようにしましょう。

3.うさぎのケージに関しては「大は小を兼ねない」

うさぎのケージは広ければ
良いというものではありません。

地面に穴を掘り、
巣穴で生活をしていたうさぎにとって、
広すぎる場所は身を隠すことができず、
ストレスの原因にもなります。

ですが狭すぎでもストレスになるので、
必ずうさぎのサイズに合った
ケージを選ぶようにしましょう。

4.大きな種類のうさぎには体の倍のスペースが必要

ペットとして流通しているうさぎの中には、
大きなサイズの種類がいます。

ケージの中で移動したり
寝転ぶ習性を考えると、
小さいサイズのうさぎよりも
大きいケージが必要になります。

餌箱やトイレなど
設置することも考えて、
体長の倍くらいの広さを
確保できるケージを選ぶのがおすすめです。

まとめ

今回はうさぎが安心して過ごすために、
ケージの大きさの重要性
について
解説してきました。

うさぎは種類によって大きさが異なり、
それぞれのサイズに合ったケージを
選ぶ必要があります。

またケージの種類もたくさんあり、
はじめて飼う人にはどんなケージを
選んだらいいのか迷ってしまいますよね。

ぜひうさぎが快適に過ごせるよう、
今回の記事を参考に
快適にくつろげるケージを
見つけてあげてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました